ぺニスを成長させ充血させる方法

ぺニスが太くなるかどうかというのは、海綿体にかかっています。血液を吸い込んで充血するほど、ペニスは膨張して太くなっていきます。
海綿体の充血率を高めればいいというわけではなく、ペニスを太くさせるため
には、3つの海綿体のうちのどこに刺激を与えればいいかを知っておく必要があります。
最近、ペニスを大きくする方法として、増大サプリが多く販売されています。

 

ペニスの悩みとして、早漏や精力の低下、包茎、勃起障害などがありますが、ペニス増大サプリはこれらの悩みを改善させやすくなっています。
また、マカや亜鉛などを多く含む食べ物などを摂取することでも、ペニスを大きくするのに効果的です。
増大サプリや食べ物を摂取する意外にも、マッサージをしたり器具を使うことも効果を高めやすくすることができます。男性のペニスは、筋肉や脂肪などではないため、どんなにトレーニングをしても大きな増大効果は期待できません。

 

この鍵を握るのは、海綿体組織で、血管が網の目のようにつながり、スポンジ状の構造になっています。
このスポンジ状の血管に、血液が充満することで、全体が膨張して勃起していきます。ただ、血液が流入しただけでは勃起を持続することはできず、ある程度血液が流入すると、静脈が圧迫されるため、静脈弁が閉じて、勃起を維持できるようになります。
ペニスの大きさは、海綿体に多くの血流を送り込むことができるかによって、硬さや大きさが異なってきます。

 

ペニス増大サプリは数多く販売されていますが、ペニスに流れる血流量を増やすためには、シトルリンという遊離アミノ酸に分類される成分で、シトルリンは体内に取り込まれると、シトルリンからアルギニンへと変換されて、一酸化窒素を生成します。一酸化窒素は、血管拡張作用をもたらして、血流量を増やす働きがあります。
一酸化窒素は、性的に興奮するとペニスの根元の筋肉をゆるめて、血管を拡張します。
シトルリンは、すいかやキュウリなどのウリ科の食べ物に多く含まれていますが、食べ物からだけでは必要な量を摂取するのが難しいため、サプリメントで補うのが効果的です。

 

また、ペニスを大きくするには、亜鉛も重要な物質です。
亜鉛には、成長ホルモンの分泌を盛んにしてくれる働きがありますから、亜鉛も配合されたものを選ぶと良いでしょう。
また、ペニスを大きくするエクササイズやトレーニングも行うことで、勃起力を強くし、ペニスを大きくすることが可能です。